牛肉

松坂牛

松坂牛

松阪牛は、但馬牛の他、全国各地から黒毛和種の子牛を買い入れ、三重県松阪市及びその近郊で肥育された牛です。

優れた資質、行き届いた飼養管理によって日本三大和牛の1つとして認められ、霜降りがきめ細かく綺麗に入っていることはもちろん肉質が柔らかく霜降りの脂肪分に甘味のある風味が特徴で、味のすばらしさは「肉の芸術品」として全国、世界から賞賛されています。

松阪牛の旨味の主成分は、グルタミン酸やイノシン酸で、お肉を美味しく感じるのは、味はもちろんですが、さらに和牛香や食感等、様々な要素の組合せによるものです。

松阪肉の滑らかな食感や柔らかさ、和牛香には、国産牛一と言われる霜降りが非常に大きく影響しています。

松坂牛とは全国から優秀な血統の子牛を導入し、松阪牛個体識別管理システムの対象地域で肥育された、未経産の黒毛和種の雌牛を松阪牛と呼んでいます。

その中でも典型的な松阪牛は但馬地方より、生後7ヶ月〜8ヶ月ほどの選び抜いた子牛を仕入れ、 約3年間、農家の手で1頭1頭手塩にかけ、稲わら、大麦、ふすま、大豆粕などを中心に与えながら肥育されます。

特に、牛の食欲増進のために与えるビールや焼酎でのマッサージは有名です。